いりえのほとりで

フリーライター入江香都子の、日々のあれこれ
<< 進級しました | main | 卒園ソング「桜待つ朝に」 >>
有言実行生活にしてみることに
0


     

    「有言実行」の

    言霊パワーで日々を過ごす

     

    ご無沙汰しっぱなしですみません。

    最後の投稿からずいぶん時間が経ってしまいましたが、毎日変わらずドタバタと過ぎ、
    子どもは5歳になりました。
     
    大人の1年は大して変わらず時間だけが過ぎていくものですが、
    子どもと一緒に生活していると、その変化の大きさ、その成長可能性に目をみはることばかりです。
    日々のことに追われているうちに今年もあとわずか。
    大人の私もじわじわとでも成長していきたいものです。
    このところいろいろ思うところがあり、アンテナをピンと張って
    欲しい情報に向かってそれを言葉にして生活していますと
    いろんな情報に出会えるようになりました。
    昔は「不言実行」なんて思っていましたが、もう私もいい歳になりましたからね
    形になるまでじんわり過ごしているわけにはいかないわ。
    ということで、叶えたい夢や希望はどんどん口に出してみることにしました。
    言霊というだけあり、言葉の力はすごいものだと思います。
    言っちゃったからには実行しないといけないし、
    周りの人がいろんな情報をもたらしてくれるし
    何よりも、前向きな言葉を実際に言葉にして口にする回数が増えるほどに
    自分が元気になっていくような気がしますから。
     
    六本松から徒歩3分
    梅光園緑道が気持ちいい
     
    娘の5歳の誕生日プレゼントの一つとして、ずっと欲しがっていた自転車を購入しました。
    両家の祖父母からのプレゼントです。
    以来、週末ごとに近所の梅光園緑道で練習を重ね、
    補助輪付きとはいえ、あっという間にちびっこライダーばりにぐんぐん乗りこなせるようになりました。
     
    最初こそ、ペダルを漕ぐ足元もおぼつかなくて右へ左へヨロヨロ
    そばで手を添えてあげていたのに、
    すぐに私はマラソンの伴走者のように小走りになり
    今や遠くに見える後ろ姿に「止まってー! ブレーキ!! 待ちなさーいっっ!」
    と声を枯らして叫ぶ始末。
     
    下り坂でもブレーキもかけずどんどんこいでいくので、気が気ではありません。
    でも、いざというタイミングでは意外と上手に止まれているし。
    ともあれ、自動車が入ってこない遊歩道で本当によかった。
     
    この「梅光園緑道」は、福岡市営地下鉄、博多ー姪浜線ができたことに伴い
    廃線となった旧筑肥線の博多ー姪浜間の一部を遊歩道として整備したところです。
    片道900m、四季折々の草花を楽しめるので、
    街中にあるとは思えないような静かで緑いっぱいの通りはいつ行っても違う表情を見せてくれ
    散歩やウォーキング(時々我らのような自転車も)の人で賑わっています。
     
    我が家は、子どもが生まれてからというもの、
    抱っこ紐やベビーカーで散歩したり、
    よちよち歩きの時はどこまでも歩きたがる娘と一緒に延々と
    この遊歩道を歩いてきました。本当に好きな道。
     
    とはいえ、まだまだ近隣の人でさえも意外と知らない穴場でもあるのです。
    六本松といえば、最近再注目されているスポットでもあります。
    周辺には新旧のいろんな素敵なスポットがあるので(その辺の話はまた別の機会に)
    ちょっと足を伸ばして、のんびり歩いてみるのもいいですよ。
    六本松界隈から梅光園方面へ歩いて3分程度で遊歩道の入口に到着。
     
    これからの時期は落ち葉が絨毯のように敷き詰められて、とても綺麗ですよ。
    こんなふうに歩き始めたばかりの娘(↑当時1歳)と一緒に
    サクサク音がするのを楽しみながら歩いたものです。
    それが、今や暴走族ばりのちびっこライダーですからね。
     
    今週は急激に冷え込むそうです。
    我が家は今日のうちに、家中の冬支度を整えました。
     
    皆さんもどうぞ、風邪などひかずお元気で。
    | くらし | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 14:39 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://irie-hotori.jugem.jp/trackback/199
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      Message
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE